肌の悩みを解消したい

肌の表面のなめらかさは、表面にある溝(皮溝)と盛り上がった部分(皮丘)の配置で決まります。

なめらかな肌、整った肌では皮膚の三角模様が小さく整然としていますが、表皮の乾燥を放置すると荒れてきて、模様が遠目にわかるほど大きかったり、不規則に伸びているはずです。

肌を保護する表皮が損なわれているので、真皮を含む肌全体へのダメージは深刻なものになるでしょう。土台が脆弱になると肌を支えられなくなり、既に出来ていたシワが濃くなったり、新しいシワが出来てくるのです。

喫煙が肌に良くないという理由をご存知でしょうか。

人間の体の中では消化器と血管で栄養の取り込みと排出が行なわれていて、ニコチンを含む各種の有毒な物質が体の血流を阻害するため、肌細胞の維持と再生に必要な水分や栄養素が不足し、老廃物が貯まってしまいます。表皮の保護機能が低下し、真皮が乾燥したり再生に時間がかかるようになるため、いわゆる肌が老化した状態になり、シワが出てきて、顔の印象の変化が本人にも自覚できるようになります。

禁煙は難しいかも知れませんが、「減煙」したからといって皮膚へのダメージは変わりません。美肌が欲しければ喫煙はやめておいたほうがいいでしょう。オリーブオイルときくと、イタリア料理に欠かせない植物油、というイメージを持たれますが、色々な有効成分がふくまれているので、スキンケアに使っても効果的であると評判です。

例えば、オリーブオイルでの洗顔方法などがあり、以前よりシミが薄くなったという意見もよくみられるため、美肌に関心がある方はこの利用法を実践する価値はあるでしょう。美しい肌作りに欠かせないのが「ポリフェノール」なのは有名ですね。

なんといっても、その最大の武器は「抗酸化作用」なのです。活性酸素による害から守ってくれて、シミ防止にもなりますし、紫外線のダメージをうけたお肌にできたシミを消していってくれます。

喜ばしいばかりの結果をもたらしてくれる強力な抗酸化作用を持ったポリフェノールなのですが、効果を体の中で発揮するのはおよそ3時間という短い時間。

なので、美肌作りのために常に意識しながら生活するといいですね。皮膚の表面近くまで余すところなく張り巡らされた毛細血管は、皮膚のあらゆる細胞に酸素や栄養を届ける通り道となり、逆に細胞から排出される老廃物を排出するパイプにもなっています。大事な毛細血管なのですが、喫煙によって収縮を起こしてしまいます。

そのため、毛細血管の末端はつまってしまい、栄養や酸素が通れなくなって肌の細胞は酸欠になります。

酸素や栄養が隅々まで運ばれないので、表皮の機能は低下し、皮膚のバリアとしての力は弱ります。

表皮に守られているべき真皮も、ダメージをうけて弱り、その働きを弱めます。

結果として肌の弾力や張りは少しずつ消えてしまい、シワ、たるみが増える訳です。こうしてみると、肌のためには喫煙しない方が良指そうです。

シミは多くの人が抱えるお肌の悩みです。シミが出来てしまう主な原因は、日焼け等の刺激により、お肌が赤みを帯び、それが変色して、色素沈着が起こってしまうからなのです。ショックなことにニキビができた跡の赤みも残念ながら、シミの原因になってしまいます。

UV対策をこまめに行ったり、肌のSOSに応えるスキンケアをすることによりも、シミが増えていかない肌をつくるのに効果的です。食べたものが肌を作っていくので、毎日のご飯やサプリメントなどでビタミンCを摂って肌の再生を促すこともシミ対策になります。シワがどうしてできるのかというと、原因としてはまず、乾燥の影響が大きいようです。エアコンの効いた乾燥しきった部屋にいたり汗をかき、汗と供に肌の保湿成分が失われた時は最大限の注意を払いましょう。

肌の乾燥を防ぎたいのなら、それこそ何度でもひんぱんに保湿をすることが最も重要だと考えられています。

その為にスプレータイプの化粧水を持ち歩くのは便利です。どこでもひと吹きするだけでいい手軽さがあります。

また、運動などで汗をかいたら、その後の保湿を怠らないことです。

気づいたらシワができたなんて言っていながら、実はシワには原因があることはご存知なのでは。例えば最も手強い敵は、乾燥だと言えるでしょう。真冬はもちろん夏でもエアコンで室内が乾燥し、乾燥肌なら小ジワ、脂性肌の人にはヨレ(のちに大ジワ)として現れてきます。

真冬以外は忘れがちになりますので、保湿ケアは怠ってはなりません。メイクの上から使える粒子の細かいミストを使って手軽に肌に潤いを与えたり、夏場は汗や度重なる洗浄で脂質が失われるため、日に一度はホホバオイルなどを使って保湿ケアしてあげるといいでしょう。目たちはじめたシミを薄くする方法もいくつかあるのですが、私に一番合ったのはプラセンタをぎゅっと凝縮させた美容液を肌に優しく叩き込向ことなんです。肌にすうっと染み込んでいくのがわかるはずです。長い間使っているうちにシミの跡がかすかに残る程度になってきたので、元通りの白い肌になるまで使いつづけようと思います。美白効果を期待して、スライスしたレモンをお肌にのせてレモンのパックにするのが一時期流行っていましたがこれはパックではないものです。かえって逆効果なので、もう誰も使っていません。レモン果皮の成分を直接肌につけると、紫外線が当たったとき皮膚にダメージを与えます。シミを薄くしたり、予防する効き目をレモンでねらうならば、日々のご飯の中に取り入れるようにしましょう。